elementperspective||| New Release ||| EPV_163 "BETRAY" ono - free download

EPV_163 “BETRAY” ono / free download



download / artist info / cover photo by fkhr / about BETRAY

2014-07-22
2014-07-18
2014-07-17

EPV_162 “SUN” element orchestra / free download



download / artist info / cover photo by fkhr

2014-07-14

EPV_162 coming soon…

2014-07-11


"Lempeä sydän" MV by Marlaja Virta
-
from [ EPV_161 ] Viaton sydän / Marlaja Virta & ono
-
::free download ::
elementperspective05.bandcamp.com/album/viaton-syd-n

2014-07-03

EPV_161 “Viaton sydän” Marlaja Virta & ono / free download



download / artist info

2014-06-20

EPV_161 coming soon…

2014-06-19

EPV_160 “I Want You Alice” Marlaja Virta & ono / free download



download / artist info

2014-06-11

EPV_160 coming soon…

2014-06-09
2014-06-09

EPV_159 “Frothy and the Infinite Black” ventilator / free download



download / artist info

2014-06-03

EPV_159 coming soon…

2014-05-31

EPV_158 “arhatdagshenma / free download



download

-

all tracks & artwork & mastering by dagshenma 

:: special thanks ::

field recording material by Yuki Ohtsuka a.k.a. Route09 

Push it! StudioA.N.R.i.

-

[ Review ]

by kikigatari

以前からノイズ・ビート系の作品を発表しているdagshenmaの過去の作品は彼のBandcampHz-recordsから聴くことが出来るが、それまで尖ったビートを、ある時は有機的に(“Beat cells”)、ある時は解読不能なタイトルに乗せてエクスペリメンタルに(“Technologism”)聴き手に放ってきた彼の作品にしては、幾分か落ちついて聴こえる。なぜか。

ひとつは、四つ打ちだから、というのもあるに違いない。そしてもうひとつ言えるのは、そこかしこに散りばめられたフィールドレコーディングによるサウンドによる効果、というのがあるだろう。実存のしない、作りこまれた電子音の合間に挟み込まれ、血の通う、聞き覚えのある(または、聞き覚えのありそうな)音がいっしょくたになってリズムを構成している、その合間の音に引き込まれながら、7曲が駆け巡る。

アルバムのタイトル、そして7曲全てのタイトルになっている”arhat”という言葉は日本語に訳すと「阿羅漢」。仏教において、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のことを言うのだという。兵庫県加西市の羅漢寺には、五百羅漢といって約450体の羅漢像が鎮座しているそうだ。そこでは年に一度、全ての羅漢像に蝋燭の火が灯され、尺八の音が響く中、幽玄の世界が現出するという。ひとが奏でる音と自然によって奏でられる音、その混じり合いの中に幽玄を見る、というのは言い過ぎだろうか。

read more

2014-05-23

EPV_158 dagshenma coming soon…

-

2014-05-21

© 2011–2014 elementperspective

1 / 10